ボーイスカウト高槻第6団

よくあるご質問

■何歳から入隊できますか?
  小学校入学直前の9月から入隊できます。
  ボーイスカウトは、子どもたちの年齢にあった育成を行うため、各年齢層に応じた
  5つの部門により構成されています。
   ●ビーバースカウト部門   小学校入学直前の1月〜 
   ●カブスカウト部門     小学校3年生〜 
   ●ボーイスカウト部門    小学校6年生〜 
   ●ベンチャースカウト部門  中学校3年生9月〜 
   ●ローバースカウト部門   18歳以上〜25歳  


■費用はどのくらいかかりますか?
  ボーイスカウトでは質素を基本とし、最低限の費用で参加できるよう、努めています。
  活動内容によって、別途、参加費を負担頂く行事もありますが、予め決められている
  費用は、次の通りです。
   ●入団時のみ
     ・育成会入会費   \5,000  (1世帯につき)
   ●毎年1回
     ・登録費等     \5,700  ※保険料等含む。
   ●半年1回
       ・育成会費   \8,000  (1世帯につき)
       ・隊費     \4,000  (スカウト1人につき)
   ※「1世帯につき」の費用は、兄弟複数名であっても定額です。


■どのような活動をしますか?
  
野外を中心とした遊びを通して、いろいろなことを学びます。
  野外活動を通して、自然に親しみ、友情や協調の精神を育んでいきます。

  具体的には、休日に集まって、ゲーム・工作・ハイキング・自然観察・歌・演劇・社会奉仕など
  の様々な活動を行います。

  年少のビーバースカウト部門では仲良く遊ぶことを通して、自分以外の人の存在を意識し、
  集団生活の基礎を学んでいきます。

  カブスカウト部門(小学校2〜5年頃)では、手旗信号やロープなどの練習、キャンプ生活の
  基本なども学び、活動内容は年齢とともに多様化していきます。

  ボーイスカウト部門(小学校5年〜中学3年)以上の部門では、春休みや夏休みには長期キ
  ャンプを行う場合もあります。


■保護者はどの程度、手伝わなければなりませんか?
  その日の活動内容によって様々です。
  例えば、遠くへ出かけるときの引率や子どもたちの作業の補助など、必要に応じてお手伝いを
  お願いしています。同じ年齢の子どもをもつ保護者同士の輪が広がる良い機会となっています。
  ただ、保護者にも業務都合や家事都合もありますので、強制ではありません。
  無理のない範囲で手伝い頂ければ結構です。


■指導者はどのような人達ですか?
  専門の訓練を受けた、ボランティアが指導しています。
  ボーイスカウトの各種の指導者訓練機関で研修を受け、指導者としての様々な技能・知識を身に
  つけた方々が子どもたちの指導にあたっています。
  職業をもちながら、仕事の都合をつけて指導のために時間をさいています。
  そのような方々がボランティアとして活動しています。


■居住地域による区割りはありますか?
  ボーイスカウトには、学区のような区割りはありません。
  入団に際しては、活動に参加できれば、居住地域は関係ありません。
  現在、高槻第6団所属のスカウトの居住地域は、次のようになっています。(小学校区で記載)
   <高槻市域>
     ・阿武野小  ・五百住小  ・寿栄小   ・玉川小   ・清水小
     ・高槻小   ・西大冠小
   <茨木市域>
     ・三島小   ・水尾小


TopPageへ戻る

inserted by FC2 system